FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住むおばちゃん健康運動指導士で、プチ糖質セイゲニストのプログ。病気の予防には、「運動」と「食事」が良薬と信じてひたすら実践中。ノルディックウォーキング愛好者で指導者。富良野や北海道の景色に癒されながらの暮らしの中で感じたことなどを徒然なるままに気が向いたら綴っています。

オホーツク「枝幸」の海の幸づくし

枝幸 オホーツク文化 流氷 タラバガニ メジカ ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキングの指導者養成講座で伺ったオホーツク沿岸の枝幸町で
内陸の富良野ではめったに口にできない、贅沢な海の幸をごちそうになりました。
カニ玉全体  カにたっぷりかにたま
刺身で食べる本場のカニがた~っぷり入ったアツアツのカニ玉。
こんなカニ玉は初めて!感激!!
誰がこんなにおいしいもの考えたのでしょう?(*^_^*) ※クリックで拡大!

タラバガニ
タラバがに※クリックで拡大
地元の人はハサミなどは使わず、器用にポキッと関節を折って
ずるっと肉を引っ張り出し、そのままぱくっと口へ(笑)。
実に上手に「手」で食べちゃうのです。
ウァオぉ~~感嘆!

真似をしましたができませんでした。
地元の方は、年季入っているものね…

↓カジカのともあえ
カジカのともあえ※クリックで拡大!
揚げたてのカジカの肝などの内臓と身を一緒にあえたもの。
一口つまむと、ほのかに磯の香りが胸に染み入り、
口の中は、ほんのりほろ苦さの中にも甘さで包まれたカジカが絶妙の味!
新鮮だからできる、お料理ですね。

他にも写真は載せられませんが、
大きなナメタカレイの煮つけ
活きのよいホタテの刺身…
「えっ、ホタテってこんなに歯ごたえあるの?」
と、思わず尋ねたアタクシです。

ちなみに枝幸町は、毛ガニの水揚げ量日本一!
カニ、ホタテ、メジカ(鮭の種類)…一年を通して海産物が豊富で
獲れたての「カニ」を食べに、遠くから車を走らせて枝幸まで来るという
道民は結構多い。

このお料理は枝幸町の料理旅館「大崎旅館」の
オーナーシェフの若旦那さんが作ってくれました。

枝幸はオホーツク沿岸で最初に流氷が接岸する町でもあるそうです。
アイヌ文化とは異なる「オホーツク文化」の研究も

※大崎旅館の正面ではなく、向かって左の横の奥に
レストラン用の専用入り口が設けてあります。
とても素敵な雰囲気のお店でしたよ。

追記
拍手コメントをお寄せくださった方々へ
ありがとうございます。
拍手コメントは標記されませんが、
嬉しく読ませてもらっております。




【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
関連記事
スポンサーサイト