FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住むおばちゃん健康運動指導士で、プチ糖質セイゲニストのプログ。病気の予防には、「運動」と「食事」が良薬と信じてひたすら実践中。ノルディックウォーキング愛好者で指導者。富良野や北海道の景色に癒されながらの暮らしの中で感じたことなどを徒然なるままに気が向いたら綴っています。

榎本武揚、函館戦争その後~知らなかった…

榎本武揚 東京農大 箱館戦争 海洋丸

F1003274_20160120150249a8f.jpg清水山裾野のブドウ畑
榎本武揚箱館戦争その後

知らなかったぁ。

榎本武揚は戊辰戦争の後、新政府軍と闘い
箱館戦争」で亡くなったとばかり思い込んでいた。

歴史の教科書には官軍に負けた敗軍の将の
その後について書いていなかった?ような気がする。

1月9日付の朝日新聞「北の文化」黒瀧秀久氏著(東京農大生物産業部長)
に興味深いエッセーが掲載されていました。

江戸幕府旗本出身の榎本武揚は、
10代の若さで蝦夷地探検に加わり
オホーツク海やサハリンで見た外国捕鯨船の近代技術に衝撃を受け
長崎の海軍伝習所に入学。

その後、軍艦「開洋丸」に乗ってオランダに留学。
近代ヨーロッパを見聞。

造船学、蒸気機関学、化学、鉱物学、
製鉄技術や電信技術、国際法に至るまで幅広く学んで帰国。

大政奉還の後、
禄を失った旧幕臣を北海道の開拓に従事させ
豊富な地下資源を生かして産業を興し、
箱館を中心に「蝦夷共和国」建国しようとして
新政府軍と戦い敗れた… 

…歴史の教科書ではここまでだったような……

榎本はいったんは投獄され死を覚悟したが、
榎本の知識素養の深さに感銘した新政府側の敵将、

黒田清隆(薩摩出身)が
「日本の近代化には彼の力が欠かせない」と考えて
各方面に助命を嘆願、命を救われたという。

そして、北海道開拓使長官となった黒田に仕え

その片腕として鉱物資源や地域物産の調査に従事。
北海道開拓の基礎を担った、という。

富良野市清水山から富良野盆地の眺め↓
s-F1000924_20081117225103s[1]
秋の清水山から東を望む
大雪、十勝岳連峰 

IMG_0700.jpg
西を見れば、夕張山系芦別岳

↑現在の富良野盆地は道内でも有数の農業が盛んな土地ですが
開拓が始まるまでは、森林の生い茂る鬱そうたる原野で
水はけの悪い泥炭地でした。

ちなみに榎本武揚は73歳まで生き、

軍人、外交官、政治家、科学者、実業家、と様々な顔を持ち
「近代の万能人」ともいわれたようですが、
教育の分野でも力を発揮。

近代化と北海道開拓のために農業振興の重要性を痛感、

理論を実践する「実学主義」を唱え
東京農学校を設立(後の東京農業大学)、文部大臣にも就任。

(だから網走に北方農業の研究と実践の場として
東京農大のオホーツクキャンパスがある…)
榎本武揚東京農大の関係を知った次第です。


幕末から明治にかけての北海道開拓の歴史は、
絶えず時の権力者の政争があり、

利権やお金やが絡み合い、
簡略に書かれたものを読んでいるだけでうんざりしますが、

少なくとも、
日本の近代化のために北海道の可能性を切り拓こうとした
榎本武揚の業績は大きかったのだ…

ということを改めて納得した次第です。 ^-^)ノ


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
スポンサーサイト



ウィンターブルー(冬季うつ病)の予防は光を浴びること!

ウィンターブルー 冬季うつ病 セロトニン

FullSizeRender_20160114163210cc6.jpg
冬季うつ病のことを【ウィンターブルー】と呼ぶそうです。

予防は光を浴びること!

「日照時間と心の気分」の切っても切れない深い関係について・・・がテーマです。

北欧のような、冬の日照時間の短い国では
10月から11月にかけて
冬季うつ病」にかかるかかる人が多いらしい。

随分昔のことになりますが、

12月の冬至の頃にイギリス国内を北上し、
スコットランドのエディンバラを目指して旅したことがあります。

(おばさんバックパッカーです(笑))

朝の9時を過ぎても日は上らず暗く、
暗闇の中を仕事に出勤する人たちがもぞもぞと歩いていました。

午後3時にはもう真っ暗…

日が短いことを肌身で実感したことがあります。


日本でも北海道は日照時間が短く
道内でも晴れ間の少ない、雪降りや曇りの多いところでは
ウィンターブルーにかかる人が多いらしい。

冬季うつ病は、
太陽の日差しが長くなってくると回復するのが特長で
季節性感情障害とも呼ばれるそうです。

症状の一つに 
「炭水化物の過剰摂取」というのがあり、

…思わずうなずきました!
『わかる~っ!』
『なんかすっごく納得!』

私の場合は、

ウィンターブルーとまではいかなくとも

路面がツルツルに凍結していたり
ザクザクモソモソの悪雪乱れ雪状態で
歩きたいのに思うように歩けなくて
(もちろん私の場合は ノルディックウォーキングです!)
強いストレスを感じるときや

地吹雪のような雪嵐が続いてカラダが芯から冷えきって
思わずため息が出るときなどは

無性に炭水化物を摂りたくなります。(笑)

いくらでも入る感じ。
・・・食欲が止まらない(-o-;)… (苦笑)


札幌医科大学名誉教授で精神科医の齋藤利和先生によりますと、

「炭水化物を食べ過ぎる『過食』や、
十分に睡眠をとっているのに昼間にも強い眠気が出て
睡眠時間が長くなる『過眠』を引き起こす
冬季うつ病の発症は、

脳の覚醒を促すセロトニン
睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌のバランスが

日照時間が短いことで崩れ、

睡眠・覚醒リズムが保てなくなり、
精神の変調が生じると考えられる…と。

だから、

ウィンターブルーを予防するには
「光を浴びること」が大事だと。


屋外で浴びる光はどんより曇った日でも1万ルクス、
晴天の雪上では、なんと10万ルクスにも達する…そうです。

北国の皆さん、

冬は寒いのでどうしても家にこもりがちになりますが
冬季うつ病を予防するためにも
こまめに外を「歩き」、
光を浴びることが大切なようですね?!

そして、
雪道を歩くのには
ポールを使って歩くノルディックウォーキングが断然おススメですよ!
(*^_^*)


↓魔法がかかっていない時間の(昼間の)かぼちゃの馬車 於:フラノマルシェ広場 
IMG_5341.jpg


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

眼精疲労と股関節と歩くこと

眼精疲労 股関節 ノルディックウォーキング

IMG_5195_20160112122529192.jpg
最近、目の疲れをすごく感じるようになりました。
とくにひどいのが夕方から夜。

ドライアイが悪化した…ということももちろんありますが…。

ところが不思議。

ノルディックウォーキングで歩きだすと
ぼんやりしていた目がすぅ~と膜が剥がれるような感じで
スッキリするのです。

これって何??

とくに長時間椅子に座ったまま
パソコンや活字を眺めていた後。

処方してもらったヒアルロン酸3%入りの目薬もさることながら
「歩く」ことがこんなに眼精疲労のリカバリーに貢献しているのかぁ??

自分なりに何度も確認しました。

ほんとうに、「歩く」とスッキリするのです!(笑)

ふむ、
目の神経と股関節は何か関係があるのね、きっと…

で、ちょっと調べてみました。

IMG_5190.jpg

以下webで調べた結果です。

どこまで本当かはわかりませんが…

引用します。

【目の疲れは股関節で改善。
目は股関節と深い関係にあります。】

…うん、確かにあるね、きっと!

【目が疲れやすかったり、酷使しやすい人は、
股関節周りが硬く動きが鈍い人が多い。
なぜなら目の神経が足先まで繋がっていて、
ちょうど真ん中に股関節があるからです。】

…意味不明。よくわからないなぁ…

【目を酷使するような生活は運動不足になりやすい。
=何かを集中して見続ける行為は、
体を動かさず同じ体勢でいる状態が多い。】

…これは納得できる。

【目の酷使は目の疲労だけの問題と考えず、
しっかりとケアをしていきましょう。

しっかり歩こう

股関節の動きを良くする一番の方法は歩く事です。】

すごく納得できる!

ポールを使って歩くので
普通に歩くよりしっかり歩幅を広げて歩くことが可能!

歩幅を広げて歩いても体幹が安定しているので
崩れにくい。

安心感もあり!

股関節周りの筋肉には十分な刺激が入ります!o(^-^)o

ノルディックウォーキングをされる方はきっとお解りいただけますね?!

最後に大事なこと。

【柔軟性を保つ股関節ストレッチ】

【股関節の動きをスムーズにする為に必要なのは、
股関節周りの筋肉の柔軟性です。
普段から柔軟性を保つ事を習慣にするのが一番ですが、
目を酷使した時は股関節周りのストレッチをしてみましょう。】

…これも同感!

そう、
ストレッチの優先順位の第1は何と言っても
股関節周りの柔軟性。

仕事の都合で長時間机に向かっている方、

まず、15分でもしっかり歩幅を広げて歩く!

そして

せめて股関節周りのストレッチングだけは
毎日欠かさないようにやってみませんか!

運動習慣のない方へのおススメは 
真向法の4つの体操ですが

私にはそれでは物足りないので(苦笑)
前後開脚(スプリット) 片足最低2分ずつ行ってます。

とてもすっきりするのです! 

効きます。 (笑)


IMG_5204.jpg


外へ!最初の一歩を踏み出す勇気ときっかけ…角幡の場合

ノルディックウォーキング ヘルスリテラシー JNFA

Image-1.jpg
【外へ!最初の一歩を踏み出す勇気ときっかけ…角幡の場合】

新年明けましておめでとうございます!

出だしは少々硬い話ですが…お付合い下さい。

昨年12月に開催された厚生労働省主催の
「データヘルス・予防サービス見本市2015」での
久野譜也・筑波大学大学院 教授による講演。

…これまで自治体では様々な健康施策を打ち出してきたが、
現状はなかなか思うような成果が出なかった…

久野教授が行った調査によると、

運動をしてない群に、
今後の運動実施の意思があるかを聞いたところ、
「意思なし」が7割、「意思あり」が3割で
無関心層が多くいることがわかったという。

これを、別名「7:3の法則」と呼ぶのだそうです。

無関心層の特長は、

『健康的な生活を送るための情報収集をしておらず、
健康づくりのための運動や食事の大切さをわかっていない、

いわゆる「ヘルスリテラシーの低い群」である』と。

今後は『健康無関心層に向けた取り組みがもっと必要で、
無関心層を振り向かせるにはインセンティブ(動機づけ・きっかけづくり)
がより魅力的なものではないと上手くいかない』、
『健康プログラムについても、
3ヶ月程度で成果があらわれるプログラムが用意されていることが重要』とのこと。

…む~~ん、ヘルスリテラシーが低い人が多い、は本当だろうか…

テレビでは朝から晩まで
「健康情報」や「病にかからないかための予防情報」いっぱい流している

近頃は小学生の子どもたちの会話でも
「肥満」、「ダイエット」、「メタボ」
などといった言葉が普通に出てきて
とても敏感に反応します。

ヘルスリテラシーが低いというより、
むしろ現状は

「食べ過ぎはよくない」
「運動は必要」
「バランスの良い食事が大事」

頭ではわかっているけど、一歩を踏み出す勇気がない?
のではないでしょうか。

IMG_5314.jpg

振り返って我が身のこと。

出産を終えても体重がまったく戻らず
会う人会う人に
「おめでた?いつ頃の予定?」などと言われて
なんとかせねばと思っていたワタクシです。(苦笑)

タイミングよく富良野に初の屋内温水プールができ
出産後半年もたたないうちから泳ぐことができました。

子育て中ではありましたが、カラダを動かすことができ
とてもラッキーな環境だったともいます。

環境以外の、きっかけと思えることは3つ。

何だと思いますか?

1つ。
それは「ナイキの運動靴」に出会ったことでした!(笑)
少し高かったけど、踵の底の部分にエアーのクッションが入った
しっかりした紐靴です。

ぴったりとフィットし、しっかり締まり、足首が安定。

歩くことがこんなに楽しいなんて!
大げさでなく、感動しました。

余談ですが、
それ以降、硬い革靴を履くことがほとんどなくなりました。
富良野に住んでいるので
気取った靴を履く必要もほとんどないのですが…(笑)

昔「赤い靴」というバレエ映画がありました。
内容をはっきり覚えていませんが、
そのトウシューズを履くといやでも体が踊り出す魔法の靴…そんな内容。

「歩く」楽しさに目覚めました。

自分の足にあった「靴」との出会いはとても大切だと痛切に思います。

歩くことが苦手な人は、
意外に自分に合った「靴」との出会いにつまずいておられる方が多いかもしれません。


2つ目は、「気持ちを切り替える勇気」です。

忙しくて、あるいはままならない事情で
運動を継続できないことがあっても
落ち着いたらまた再開する。

続けることができない自分の意志の弱さを責めないことです。

三日坊主でもでも構わないから
三日坊主を連続すれば立派な『継続』になります。

自分を責めずに、
頭を、気持ちを、切り替え、
また始めれば良いのです。

3つ目は
私の場合の特効薬はベッドサイドに積んである「本」や「活字の類」でした。
手を伸ばせば、入ってくる情報。

「そうだ、そうだよね…やっぱりそうだ!」
「ヤラネバ…」 
脳の方面から奮い立たせる?でしょうか(笑)


運動不足を感じている方、
カラダを動かさずに健康が手に入る魔法のサプリメントなんてありません!

まず勇気を出して
「足にあった靴を履いて」家の外を10分でよいから
歩いてみて下さい。

そして、
一歩を踏み出す勇気のきっかけにノ「ルディックウォーキング」はいかがでしょうか?

私は約10年前に「ノルディックウォーキング」に出会い
ポールを使って歩く楽しさに引き込まれ、一年を通して飽きることなく歩いています。

「誰かと一緒」も、もちろんよいのですが

2本のポールをお供にした「お一人様」でもとても楽しいのです。(*^_^*)

あなたもノルディックウォーキングを始めてみませんか?

全国にJNFA(じぇんふぁ)の公認指導者がおり、
普及活動をしています。 ^-^)ノ


IMG_3495_201601081300448c8.jpg