FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住むおばちゃん健康運動指導士で、プチ糖質セイゲニストのプログ。病気の予防には、「運動」と「食事」が良薬と信じてひたすら実践中。ノルディックウォーキング愛好者で指導者。富良野や北海道の景色に癒されながらの暮らしの中で感じたことなどを徒然なるままに気が向いたら綴っています。

転倒して骨折した友への手紙(メール)

フェルデンクライス・メソッド フェルデンクライス 姿勢

IMG_5227.jpg
IMG_5228.jpg
雪も止み、調子に乗って夜更けに作った犬の遊び場↑

○○子 様

メール有難う!
びっくりポン!

でも、おどろかないわ。

私も階段を下りるとき(慌てている)などに
思わず足がもつれそうになり(;¬д¬)

「あぶない、あぶない…、慌てるべからず!」

と思わず呪文を唱えることが多々あります。

小さいことでは
掴んだつもりの物をするりと落としたり、
室内でも滑りそうになったり・・・・・

自慢じゃないけど、おっとっと…。
危機一髪の事態がしょっちゅうですわ(苦笑)

これからのわれわれの年代は
他人事ではなく、いつ怪我をしてもおかしくないのデス。
そう思いませぬか?

これって確実に神経の反射作用が鈍っている。
年をとっているってことですよね。

付き合っていくしかしゃ~ないのですよね・・・ トホホホ

先日NHKの特番で
慢性腰痛の治療に海外での認知行動療法が紹介されておりました。

痛みを脳が記憶していて
恐怖から体を動かせなくなっていく
ますます痛みが悪化する

この悪循環を断つため
脳の再教育をするプログラムがとても有効であると。
 
完璧な手術をしたはずなのに痛みがとれない・・・。
切った貼っただけでは病は治らないと

かつて手術万能主義だったという整形外科医が自ら語っておりました。

日本でも少しずつ認知行動療法に取り組む病院がでてきた…と言う内容でした。


「脳の再教育」は
先日受けたフェルデンクライス・メソッドのゴールもまさにそこにありです。

(FBやブログにも書きましたが)

「姿勢」を探求していくと首の問題に突き当たり(笑)
頸椎の勉強をするというテーマの
フェルデンクライスのセミナーがたまたまあったので受けてきた次第です。

カラダの使い方は本当に奥が深いです。

ろっ骨を折るとどんなに苦しいか
肺は常に呼吸するために動いているから
当然接触しますよね。

想像するだけで私も痛いです。

動くと痛いのはストレスも溜まりますよね?!

人間は動くことが当たり前
「動いてなんぼ」でできてますから…

でも、「骨」は必ずくっつきます。

破壊と再生を繰り返していますから
必ず治ります!

骨折の場所がよくわかりませんが
胸骨近くのあばら骨(肋骨)は
軟骨でできていて折れやすいのです。

タンパク質をしっかり摂取して養生してください。

余計なことかもしれませんが

3週間を経過したので…アドバイスを少々 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ストレス解消の呼吸法です。o(^-^)o

おススメ~椅子にすわった状態で行う「坐禅」です (笑)

①なるべく硬い椅子に坐ること

②両方の坐骨を意識する

③常に坐骨の上に、
お尻を小さくして座るように心がける
  ・・・骨盤がニュートラルな位置になります=骨盤を立たせます

④呼吸は、丹田に力を入れて
おへそを背骨にくっつけるように息を吐きます
吸うことより細く長く吐くことが大事。
倍以上の時間をかけます。

⑤その際、必ず顎を軽く引くことを忘れずに・・・

「顎」=「首の位置」=「目線」はとても大事です。

顎の位置と骨盤の傾きはリンクしています。

※立っておこなうときは、お尻を引き締め=肛門をしめる ^-^)ノ
常に少し顎を引き、丹田を意識して
頭の後ろの方の髪の毛が天井から引っ張られているイメージです。

⑥時々壁に体を付けて直立して姿勢を確認してみます。

(足は踵をくっつけ、つま先は軽く開きます30~40°)
腰骨はゆるいS字カーブしているので手がぎりぎり差し込める程度の隙間あり。

お尻やふくらはぎが壁にくっつきますか?
肩はどうでしょうか?

カラダのマッピング(特に裏側)を確認してみて下さい。

★恐らく今の○○ちゃんにとっては「呼吸する」こと自体が
「体幹」の「筋トレ」に当たると思われます。

姿勢の土台は下腹にある「臍下丹田」=骨盤のほぼ中心に位置します。

しっかり下腹を押し込み、できれば骨盤底筋群を
下から顎まで引っ張り上げる感じのイメージで
長~く息を吐いてみてください。

時間があれば30回~50回 

坐禅は20分以上は続けないと効果が薄いらしいデス。
by有田秀穂先生(セロトニン研究者)

★ちなみに私は、今
時々物差しを背中に差し込んで家の中を動き回っています。
木製の昔洋裁に使った90cmの物差しがあるの。

物差しはお尻とお尻の間にある仙骨まで(下着の中にさします)突っ込みます。(笑)

窮屈に感じますが
いかに肛門をしめていないと顎が上がり姿勢が崩れるか・・・よくわかります。

取り留めもないことを書きました。
ちょっとお試しください。

この3日連日富良野は吹雪です。
JR北海道はまたあちこちで事故続き(-o-;)

おとなしくしているのが一番ですわ(苦笑)


どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!

早く治ることを祈りつつ・・・
お大事にね!

かずこ

FullSizeRender_2015122901552453c.jpg
疲れ果てて眠る犬息子

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

スポンサーサイト



「目線」と「姿勢」と「首」の位置とノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング 曽我武史 姿勢 INWA 国際ノルディックウォーキング連盟 JNFA 日本ノルディックフィットネス協会 スタンダード・ノルディックウォーキング

「目線」と「姿勢」と「首」の位置
IMG_4777.jpg

富良野は雪が降り、私のNWも雪道モードにシフトしました。

安全に雪道を歩くために、履物にももちろん細心の注意を払いますが、
この冬の「冬道歩き」の私の課題は「首の位置」=「姿勢」です。

まぁ、雪道歩きに限りませんが
いかに無理なく、無駄なく、美しく、そして力強く(NW)歩けるか…歩きたい!…

私の所属するINWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟の推奨する
ノルディックウォーキング・スタイルのキーワードは「ナチュラル!」

指導者の方を指導する立場にもいるので
自身の研鑚は欠かせません。

IMG_5042.jpg


先日、福岡で開催された「NWと姿勢」のセミナー 
※主催JNFA(じぇんふぁ)日本ノルディックフィットネス協会、
講師 藤田和樹先生 大阪大学 INWAのナショナルコーチ、 JNFA教育部長
 
と、

堺で開催された「第7頸椎の動きを取り戻す」というテーマの
フェルデンクライス・メソッドを続けて受けてきました。

タイトな日程でしたが、新たな気づきや発見がいっぱいありました。

今読んでいる公認アスレティックトレーナーの曽我武史氏の
【首の『位置』を正せばカラダは必ず楽になる】 
とても参考になります。

姿勢は奥が深い…。

曽我氏は自身の首の痛みに向き合い続けた経験があり、
また、コンディショニングトレーナーとして数々の国際大会にも帯同した経験から
欧米の選手と日本人の選手の、
骨格や筋肉のつき方の違いを実感するそうです。

エビデンスはないと断りながらも

「日本人などアジア系の人は、
とくに背中側の筋肉の発達が欧米人に比べると少ないかも…」と。

一般人も、もっと日常生活で背中側の筋肉を意識する必要性があると説いています。

なぜなら

姿勢を正しくキープするには首の位置が重要で、
首の位置を正しくキープするには首だけでなく
首を支える背筋や腹筋も必要。

腹筋は結構気にする人が多いにも関わらず
背筋を鍛えることをおろそかにする人が多いと…。

『…トップアスリートと呼ばれる人は一様に誰を見ても姿勢が美しい。
パフォーマンスをしている時でさえ
背中は決して丸まらず、安定している…』

『激しくぶつかり合うコンタクトスポーツでさえ軸が安定していて
上半身の姿勢が崩れない…

トップアスリートたちは、
良い姿勢ができていないとパフォーマンスを発揮することができないことをよく理解しているからだ』 と。

そして、
『姿勢の悪いアスリートは故障が多い、、、』とも断言しておられます。

普段の生活でも 家事、炊事、育児、介護…
確かに、私たちの生活は気がつくと
「丸まっている」「前かがみになる」傾向にありますよね。

その上、スマホや携帯、パソコン…

若者から高齢者まで、頭を垂れて下を向く姿勢で過ごすことが多いです。
IMG_5178.jpg

4足歩行の名残なのでしょう 
重力に逆らい、
カラダを縦に支えている抗重力筋(おもに背中側の、後ろ側の筋肉)が弱ると
上肢は、前に前にと向い…
背中が丸まり、前かがみになる傾向にありますよね?!


『常に意識して背中側の筋肉をしっかり効かせる動作や姿勢を
日常生活に取り入れることができれば、
必然的に首が正しく立ち、
良い姿勢を取り戻せるのでは?』と書いておられます。


先日のNWと姿勢セミナーでも同じことを
前述の、大阪大学の藤田和樹先生が話しておられました。

これって、
私のやっているINWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟(JNFA(じぇんふぁ)日本ノルディックフィットネス協会)の
推奨するスタンダード・ノルディックウォーキングの
素晴らしい特徴=「良さ」そのものですわん(*^_^*)


話戻します。

私がこの冬の雪道歩きで一番心がけていること、課題

それは「目線」です。

雪道での転倒が怖くて、ついついうつむき加減になってしまいますが

この冬は極力目線を下げないように首の位置をキープして歩くように心がけています。

「ちょっと、いや、かなり怖いけど(苦笑)、
足元を見ないで歩く!」です。

足の裏がセンサーになったような感覚で
慎重に歩いています。

良い位置に体重を載せられると、かなり安定して歩けるのです。
(但し、全面ブラックアイスバーンの時は例外ですが…)

そのためには、カラダの軸をしっかり保ち
「全体重」を足の裏の良いポイントに載せること!

体重をかける位置がちょっとでもずれるとたちまち「ズルっ」「ステン」です。

集中力が途切れ、よそ見をすると間髪入れず転びそうになりますが(苦笑)。


スリルあり過ぎ!(苦笑)
夏道の何倍も神経を使います。

でも、NWに出会い、
冬でもかなり安心して歩けるようになったことがとても嬉しいのです。

2本のポールとスタンダードなノルディックウォーキングのお蔭です!


曽我氏の本に戻ります。

こんな言葉に出会いました!

「よい姿勢を保つためのコツは目線にあり」と書いておられます。

同感!!(*^_^*)目線の位置は大事です!!


ある脳化学者の、
世界でも超一流のアスリートに共通していることのひとつに

「目の位置が地面と平行になるようにまっすぐである」
のだそうです。

そして、

『目線を平行に保つためには首の柔軟性を保ちながら
頭を正しい位置にキープすること。

首の可動域が重要。

頭の位置をコントロールする首の役割は大きい』と書いておられます。

毎朝の自称角幡のおばさん的ストレッチングに
フェルデンクライスのセミナーでゲットした
首と肩甲骨ストレッチが加わったのは言うまでもありません。

今のところ、ストレスフリーな首の動きができています。

気を緩めず、転ばないように気を付けて歩きますね  ^-^)ノ

私ってかなりの変人?? (笑)

まぁ、いいさっ!!

アーちゃん、頸の長い君も、「首」、大事にしてね! ^-^)ノ
IMG_5181.jpgIMG_5195.jpg



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

JNFAノルディックウォーキング全国大会終了~ペップトーク講演会

ノルディックウォーキングネット ペップトーク JNFA

JNFA(じぇんふぁ)の第9回ノルディックウォーキング全国大会が終わりました。
IMG_4828.jpg

今年の開催地は、愛知県蒲郡市。
蒲郡(がまごおり)は愛知県では有数の温泉リゾート地です。

一日目はフォーラム、講演会やセミナー。

そして夜は大交流会。
IMG_4842.jpg
IMG_4849.jpg
 

全国から集まったノルディックウォーカーの仲間たちと弾けました。

日ごろSNSでつながっている仲間と初めてお会いすることも…。
旧知の仲のような親しみを覚え、会話が弾みました。

2日目はノルディックウォーキング大会。
IMG_4857.jpg

IMG_4879.jpg
IMG_4865.jpg

海を眺め、小高い丘に登り、街中を駆け巡り、
〆は 蒲郡商工会議所青年部の皆さん手作りの
うどんグランプリ賞を取ったという
名物の「がまごおりうどん」でした。
アサリのだしがよくきいていてとても美味でした。(*^_^*)


フォーラム講演会はやる気を出させる言葉の力について
【ぺップトーク】の第一人者、岩崎由純氏による講演会。

笑いあり涙ありの楽しい有意義な講演内容でした。

ペップトークとは、本番直前の最後の激励のショートスピーチのこと。

選手が言葉にパワーもらって試合に臨む時にコーチがかける
「前向きな背中の一押し」 だそうです。

曰く、ネガティブな言葉は使わない。

短くて、
わかりやすくて、
肯定的な言葉を使い
魂を揺さぶり、選手のやる気を起こさせる。

但し、普段からの相互の信頼関係が土台にないと
効き目はありませんが…。

岩崎氏のおススメは

3・3・7拍子風に言葉をつくる。


「克てる、勝てる、絶対勝てる!」

「イケル、イケル、まだまだイケル!」

「強く、走れ、誰よりはやく!」

・・・と、いろいろ創作可能… ^-^)ノ

「無理、無理、ぜったい無理」などは
ペップトークと真逆のぷっぺトーク(笑)だそうです。

子育てにはよくありがちですよね?!

試合直前の選手だけでなく、いろいろな場面で応用が効くようです。

↓ SNSつながりで初めてお目にかかったノル仲間、犬山のSさんから頂いたプレゼント!
感激!!(*^_^*) 

IMG_4914.jpg

※私達の所属しているJNFA(じぇんふぁ) 日本ノルディックフィットネス協会">JNFA(じぇんふぁ) 日本ノルディックフィットネス協会 は INWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟の日本代表支部です。

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif