FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住むおばちゃん健康運動指導士で、プチ糖質セイゲニストのプログ。病気の予防には、「運動」と「食事」が良薬と信じてひたすら実践中。ノルディックウォーキング愛好者で指導者。富良野や北海道の景色に癒されながらの暮らしの中で感じたことなどを徒然なるままに気が向いたら綴っています。

寒空ノルディックウォーキングの愉しみ(私の場合)

ノルディックウォーキング 富良野

IMG_0445_202002161518230fb.jpg

北海道の、富良野の、
こんな寒空の中を歩く「ノルディックウォーキング」の魅力って何だろう。

さぞや「変人に見えるだろうなぁ」…と、苦笑しつつ
やや自虐的に考えることがあります。(笑)

NWをたしなむ人、動機は様々です。

仲間や友人と連れ立ってのおしゃべりNWも楽しいことは確かです。

が、
私は、【独りNW】も気に入っているのです。
…お供をしてくれる愛犬は先に逝ってしまいましたが…。
IMG_0448.jpg

冬のきつい寒さの中、
薄皮の手袋1枚でポールを握る。

手はかじかみ 冷たいを通り越して
「痛いなぁ~」と思わず心の中でぼやきます。

「今日のNWは少しだけにしておこう」
「寒いし、風も強いしなぁ…」と
自分に言い訳をして歩きだす私。

しかし、15分から20分ほどすると、
いきなり私のカラダの中の「自家発電き」が着火!

さっきまで痛いくらいかじかんでいた手先が、
信じられないくらいいきなりぼわーっと温まりだす。

この瞬間がたまらないのです。

後は、気が済むまで歩くだけ。(笑)
IMG_0449.jpg


有酸素運動は、
エネルギー源となる血中の脂肪がまず使われる
(焚き付け材ですな) もすぐに枯渇。

その後に(石炭ですね)体脂肪が燃焼し始める…と
言われていますが

理屈は抜きにして、
「かじかんだ手が温まる」そのポイントにさえ辿り着けば
後はシメタモノ。

寒気も吹っ飛び、気分も爽快!
冷たい風もなんのその。
歩くことがますます楽しくなるのです。
…アタクシの場合ですが…

この、手足の末梢血管の血液が動き出すポイントまで
グダグダ、ダラダラ、ぼやきながらでよいから
何とがごまかしてカラダを動かしつづければ
燃焼系のエレベーターに乗ったようなもの!(^_-)

寒い季節を歩く継続のコツのような気がします。

NWerの皆さんはいかがですか?

神経伝達物質のセロトニンが出てくるのも
15~20分くらいと言われていますから
このポイントまで体を動かし続けることが大事!と

いつも自分自身を鼓舞してNWを楽しんでいます。
IMG_0443.jpg




スポンサーサイト



[老化とは感覚が鈍ること]ノルディックウォーキングで感覚受容器を磨く

太藻ゆみこ メディカルフィットネス研究所 ノルディックウォーキング ロコモ ロコモティブシンドローム 運動器

sIMG_6345.jpg sIMG_6365.jpg

[老化とは感覚が鈍ること]
ヒトが自分のカラダを自由に動かすことができるのは
骨、関節、筋肉、神経で構成される《運動器》の働きによります。
当たり前のことですが
どれかひとつのパーツでも調子が悪くなれば
身体はうまく動きませんよね。

膝痛、股関節痛、腰痛、肩や首周りの痛み…

年を取ると皆、長年のツケが溜まり?
大なり小なり運動器に不具合を抱えて生きていかねばなりません。

ロコモティブシンドローム(略ロコモ)は
筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、
あるいは複数に障害が起こり、
「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。

「動きたい気持ち」があっても肝心の体を動かすことができなければ
自分のことが自分でできる「自立度」が下がり、
要支援・要介護状態の状態になるリスクが高まります。

寝たきりの状態で寿命だけが長くなっても辛い。
元気で長生き「健康寿命」をどうやって保つか…

sIMG_6307.jpg

運動器は、
自からが動こう、動かそうとする意識で動かす[随意筋]で動きます。
(反対=無意識下で動く=不随意筋)

太藻ゆみこ(メディカルフィットネス研究所 代表)さんの
こんな文章を見つけたのでご紹介します。

「……随意筋で動く運動器には【感覚受容器】があり、
動かすことで感覚を磨くことができる。

老化とは、感覚が鈍感になること、
五感が鈍ることである。


指導者の役割は、感じる力、感覚力を引出し
老化にともに立ち向かうことである。
力を磨くことで、自分のコントロール力は養われる……」と。

私はノルディックウォーキングに惚れ込み
指導だけでなく自分自身も愛好していますが

ポールを持って、やや後方へ突いて歩く【ノルディックウォーキング】は
下肢だけでなく体幹など全身の感覚受容器が
普通に歩くよりも鋭くなることをいつも実感してます。

だから、楽しくてやめられないのです ^-^)ノ

カラダに聴くことはロコモの予防の基本の「き」ですよね!?
そう思いませんか?


※富良野やっと桜が満開になりました
富良野の街を見下ろす「なまこ山」の桜です
空知川からの眺め 
毎朝の犬の息子と歩くノルディックウォーキングコースです
sIMG_6350.jpg

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

外へ!最初の一歩を踏み出す勇気ときっかけ…角幡の場合

ノルディックウォーキング ヘルスリテラシー JNFA

Image-1.jpg
【外へ!最初の一歩を踏み出す勇気ときっかけ…角幡の場合】

新年明けましておめでとうございます!

出だしは少々硬い話ですが…お付合い下さい。

昨年12月に開催された厚生労働省主催の
「データヘルス・予防サービス見本市2015」での
久野譜也・筑波大学大学院 教授による講演。

…これまで自治体では様々な健康施策を打ち出してきたが、
現状はなかなか思うような成果が出なかった…

久野教授が行った調査によると、

運動をしてない群に、
今後の運動実施の意思があるかを聞いたところ、
「意思なし」が7割、「意思あり」が3割で
無関心層が多くいることがわかったという。

これを、別名「7:3の法則」と呼ぶのだそうです。

無関心層の特長は、

『健康的な生活を送るための情報収集をしておらず、
健康づくりのための運動や食事の大切さをわかっていない、

いわゆる「ヘルスリテラシーの低い群」である』と。

今後は『健康無関心層に向けた取り組みがもっと必要で、
無関心層を振り向かせるにはインセンティブ(動機づけ・きっかけづくり)
がより魅力的なものではないと上手くいかない』、
『健康プログラムについても、
3ヶ月程度で成果があらわれるプログラムが用意されていることが重要』とのこと。

…む~~ん、ヘルスリテラシーが低い人が多い、は本当だろうか…

テレビでは朝から晩まで
「健康情報」や「病にかからないかための予防情報」いっぱい流している

近頃は小学生の子どもたちの会話でも
「肥満」、「ダイエット」、「メタボ」
などといった言葉が普通に出てきて
とても敏感に反応します。

ヘルスリテラシーが低いというより、
むしろ現状は

「食べ過ぎはよくない」
「運動は必要」
「バランスの良い食事が大事」

頭ではわかっているけど、一歩を踏み出す勇気がない?
のではないでしょうか。

IMG_5314.jpg

振り返って我が身のこと。

出産を終えても体重がまったく戻らず
会う人会う人に
「おめでた?いつ頃の予定?」などと言われて
なんとかせねばと思っていたワタクシです。(苦笑)

タイミングよく富良野に初の屋内温水プールができ
出産後半年もたたないうちから泳ぐことができました。

子育て中ではありましたが、カラダを動かすことができ
とてもラッキーな環境だったともいます。

環境以外の、きっかけと思えることは3つ。

何だと思いますか?

1つ。
それは「ナイキの運動靴」に出会ったことでした!(笑)
少し高かったけど、踵の底の部分にエアーのクッションが入った
しっかりした紐靴です。

ぴったりとフィットし、しっかり締まり、足首が安定。

歩くことがこんなに楽しいなんて!
大げさでなく、感動しました。

余談ですが、
それ以降、硬い革靴を履くことがほとんどなくなりました。
富良野に住んでいるので
気取った靴を履く必要もほとんどないのですが…(笑)

昔「赤い靴」というバレエ映画がありました。
内容をはっきり覚えていませんが、
そのトウシューズを履くといやでも体が踊り出す魔法の靴…そんな内容。

「歩く」楽しさに目覚めました。

自分の足にあった「靴」との出会いはとても大切だと痛切に思います。

歩くことが苦手な人は、
意外に自分に合った「靴」との出会いにつまずいておられる方が多いかもしれません。


2つ目は、「気持ちを切り替える勇気」です。

忙しくて、あるいはままならない事情で
運動を継続できないことがあっても
落ち着いたらまた再開する。

続けることができない自分の意志の弱さを責めないことです。

三日坊主でもでも構わないから
三日坊主を連続すれば立派な『継続』になります。

自分を責めずに、
頭を、気持ちを、切り替え、
また始めれば良いのです。

3つ目は
私の場合の特効薬はベッドサイドに積んである「本」や「活字の類」でした。
手を伸ばせば、入ってくる情報。

「そうだ、そうだよね…やっぱりそうだ!」
「ヤラネバ…」 
脳の方面から奮い立たせる?でしょうか(笑)


運動不足を感じている方、
カラダを動かさずに健康が手に入る魔法のサプリメントなんてありません!

まず勇気を出して
「足にあった靴を履いて」家の外を10分でよいから
歩いてみて下さい。

そして、
一歩を踏み出す勇気のきっかけにノ「ルディックウォーキング」はいかがでしょうか?

私は約10年前に「ノルディックウォーキング」に出会い
ポールを使って歩く楽しさに引き込まれ、一年を通して飽きることなく歩いています。

「誰かと一緒」も、もちろんよいのですが

2本のポールをお供にした「お一人様」でもとても楽しいのです。(*^_^*)

あなたもノルディックウォーキングを始めてみませんか?

全国にJNFA(じぇんふぁ)の公認指導者がおり、
普及活動をしています。 ^-^)ノ


IMG_3495_201601081300448c8.jpg

「目線」と「姿勢」と「首」の位置とノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング 曽我武史 姿勢 INWA 国際ノルディックウォーキング連盟 JNFA 日本ノルディックフィットネス協会 スタンダード・ノルディックウォーキング

「目線」と「姿勢」と「首」の位置
IMG_4777.jpg

富良野は雪が降り、私のNWも雪道モードにシフトしました。

安全に雪道を歩くために、履物にももちろん細心の注意を払いますが、
この冬の「冬道歩き」の私の課題は「首の位置」=「姿勢」です。

まぁ、雪道歩きに限りませんが
いかに無理なく、無駄なく、美しく、そして力強く(NW)歩けるか…歩きたい!…

私の所属するINWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟の推奨する
ノルディックウォーキング・スタイルのキーワードは「ナチュラル!」

指導者の方を指導する立場にもいるので
自身の研鑚は欠かせません。

IMG_5042.jpg


先日、福岡で開催された「NWと姿勢」のセミナー 
※主催JNFA(じぇんふぁ)日本ノルディックフィットネス協会、
講師 藤田和樹先生 大阪大学 INWAのナショナルコーチ、 JNFA教育部長
 
と、

堺で開催された「第7頸椎の動きを取り戻す」というテーマの
フェルデンクライス・メソッドを続けて受けてきました。

タイトな日程でしたが、新たな気づきや発見がいっぱいありました。

今読んでいる公認アスレティックトレーナーの曽我武史氏の
【首の『位置』を正せばカラダは必ず楽になる】 
とても参考になります。

姿勢は奥が深い…。

曽我氏は自身の首の痛みに向き合い続けた経験があり、
また、コンディショニングトレーナーとして数々の国際大会にも帯同した経験から
欧米の選手と日本人の選手の、
骨格や筋肉のつき方の違いを実感するそうです。

エビデンスはないと断りながらも

「日本人などアジア系の人は、
とくに背中側の筋肉の発達が欧米人に比べると少ないかも…」と。

一般人も、もっと日常生活で背中側の筋肉を意識する必要性があると説いています。

なぜなら

姿勢を正しくキープするには首の位置が重要で、
首の位置を正しくキープするには首だけでなく
首を支える背筋や腹筋も必要。

腹筋は結構気にする人が多いにも関わらず
背筋を鍛えることをおろそかにする人が多いと…。

『…トップアスリートと呼ばれる人は一様に誰を見ても姿勢が美しい。
パフォーマンスをしている時でさえ
背中は決して丸まらず、安定している…』

『激しくぶつかり合うコンタクトスポーツでさえ軸が安定していて
上半身の姿勢が崩れない…

トップアスリートたちは、
良い姿勢ができていないとパフォーマンスを発揮することができないことをよく理解しているからだ』 と。

そして、
『姿勢の悪いアスリートは故障が多い、、、』とも断言しておられます。

普段の生活でも 家事、炊事、育児、介護…
確かに、私たちの生活は気がつくと
「丸まっている」「前かがみになる」傾向にありますよね。

その上、スマホや携帯、パソコン…

若者から高齢者まで、頭を垂れて下を向く姿勢で過ごすことが多いです。
IMG_5178.jpg

4足歩行の名残なのでしょう 
重力に逆らい、
カラダを縦に支えている抗重力筋(おもに背中側の、後ろ側の筋肉)が弱ると
上肢は、前に前にと向い…
背中が丸まり、前かがみになる傾向にありますよね?!


『常に意識して背中側の筋肉をしっかり効かせる動作や姿勢を
日常生活に取り入れることができれば、
必然的に首が正しく立ち、
良い姿勢を取り戻せるのでは?』と書いておられます。


先日のNWと姿勢セミナーでも同じことを
前述の、大阪大学の藤田和樹先生が話しておられました。

これって、
私のやっているINWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟(JNFA(じぇんふぁ)日本ノルディックフィットネス協会)の
推奨するスタンダード・ノルディックウォーキングの
素晴らしい特徴=「良さ」そのものですわん(*^_^*)


話戻します。

私がこの冬の雪道歩きで一番心がけていること、課題

それは「目線」です。

雪道での転倒が怖くて、ついついうつむき加減になってしまいますが

この冬は極力目線を下げないように首の位置をキープして歩くように心がけています。

「ちょっと、いや、かなり怖いけど(苦笑)、
足元を見ないで歩く!」です。

足の裏がセンサーになったような感覚で
慎重に歩いています。

良い位置に体重を載せられると、かなり安定して歩けるのです。
(但し、全面ブラックアイスバーンの時は例外ですが…)

そのためには、カラダの軸をしっかり保ち
「全体重」を足の裏の良いポイントに載せること!

体重をかける位置がちょっとでもずれるとたちまち「ズルっ」「ステン」です。

集中力が途切れ、よそ見をすると間髪入れず転びそうになりますが(苦笑)。


スリルあり過ぎ!(苦笑)
夏道の何倍も神経を使います。

でも、NWに出会い、
冬でもかなり安心して歩けるようになったことがとても嬉しいのです。

2本のポールとスタンダードなノルディックウォーキングのお蔭です!


曽我氏の本に戻ります。

こんな言葉に出会いました!

「よい姿勢を保つためのコツは目線にあり」と書いておられます。

同感!!(*^_^*)目線の位置は大事です!!


ある脳化学者の、
世界でも超一流のアスリートに共通していることのひとつに

「目の位置が地面と平行になるようにまっすぐである」
のだそうです。

そして、

『目線を平行に保つためには首の柔軟性を保ちながら
頭を正しい位置にキープすること。

首の可動域が重要。

頭の位置をコントロールする首の役割は大きい』と書いておられます。

毎朝の自称角幡のおばさん的ストレッチングに
フェルデンクライスのセミナーでゲットした
首と肩甲骨ストレッチが加わったのは言うまでもありません。

今のところ、ストレスフリーな首の動きができています。

気を緩めず、転ばないように気を付けて歩きますね  ^-^)ノ

私ってかなりの変人?? (笑)

まぁ、いいさっ!!

アーちゃん、頸の長い君も、「首」、大事にしてね! ^-^)ノ
IMG_5181.jpgIMG_5195.jpg



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

JNFAノルディックウォーキング全国大会終了~ペップトーク講演会

ノルディックウォーキングネット ペップトーク JNFA

JNFA(じぇんふぁ)の第9回ノルディックウォーキング全国大会が終わりました。
IMG_4828.jpg

今年の開催地は、愛知県蒲郡市。
蒲郡(がまごおり)は愛知県では有数の温泉リゾート地です。

一日目はフォーラム、講演会やセミナー。

そして夜は大交流会。
IMG_4842.jpg
IMG_4849.jpg
 

全国から集まったノルディックウォーカーの仲間たちと弾けました。

日ごろSNSでつながっている仲間と初めてお会いすることも…。
旧知の仲のような親しみを覚え、会話が弾みました。

2日目はノルディックウォーキング大会。
IMG_4857.jpg

IMG_4879.jpg
IMG_4865.jpg

海を眺め、小高い丘に登り、街中を駆け巡り、
〆は 蒲郡商工会議所青年部の皆さん手作りの
うどんグランプリ賞を取ったという
名物の「がまごおりうどん」でした。
アサリのだしがよくきいていてとても美味でした。(*^_^*)


フォーラム講演会はやる気を出させる言葉の力について
【ぺップトーク】の第一人者、岩崎由純氏による講演会。

笑いあり涙ありの楽しい有意義な講演内容でした。

ペップトークとは、本番直前の最後の激励のショートスピーチのこと。

選手が言葉にパワーもらって試合に臨む時にコーチがかける
「前向きな背中の一押し」 だそうです。

曰く、ネガティブな言葉は使わない。

短くて、
わかりやすくて、
肯定的な言葉を使い
魂を揺さぶり、選手のやる気を起こさせる。

但し、普段からの相互の信頼関係が土台にないと
効き目はありませんが…。

岩崎氏のおススメは

3・3・7拍子風に言葉をつくる。


「克てる、勝てる、絶対勝てる!」

「イケル、イケル、まだまだイケル!」

「強く、走れ、誰よりはやく!」

・・・と、いろいろ創作可能… ^-^)ノ

「無理、無理、ぜったい無理」などは
ペップトークと真逆のぷっぺトーク(笑)だそうです。

子育てにはよくありがちですよね?!

試合直前の選手だけでなく、いろいろな場面で応用が効くようです。

↓ SNSつながりで初めてお目にかかったノル仲間、犬山のSさんから頂いたプレゼント!
感激!!(*^_^*) 

IMG_4914.jpg

※私達の所属しているJNFA(じぇんふぁ) 日本ノルディックフィットネス協会">JNFA(じぇんふぁ) 日本ノルディックフィットネス協会 は INWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟の日本代表支部です。

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

雪道歩きノルディックウォーキング考

ノルディックウォーキング 雪道ノルディックウォーキング 雪道歩き

ついにやってきました、「雪」!
昨日は美瑛町で48cm
私の住む富良野でも30cmほどフレッシュな雪が積もりました。
IMG_4766.jpg

北海道では、雪が降ってもめったに傘を差しません。
(気温が高いべたべた雪を除く)

雨と違って、雪降り時も歩けるので
気温が低くて寒いことを除けば
冬の期間は毎日ノルディックウォーキング(NW)が途切れなく楽しめます。

ただ、路面の状態はその時々で大きく異なるので
履物にはいつも迷います。

選択を誤ると、キ・ケ・ンが常に付きまとうリスクがあります。

そして、

「歩き方!」

北海道の雪道歩きノルディックウォーキングは、永遠の課題(笑)

転ばず、できれば、歩幅も広げ、速度もちょっと上げて
「しっかり」歩きで、
スポーツ感覚でのノルディックウォーキングがオイラの希望です!


昨日は本格的な初冬道歩き。
積った雪道を踏みしめてNWで買い物。

雪はベトつかずふわふわ状態。

歩道の除雪は間に合わず
新雪の深雪の中を一歩一歩踏みしめ
ラッセル状態での進行。

さすがの私もくたびれました。
夏道の2倍以上のエネルギー使った感じ。(苦笑)

道路の状況も天気も悪く、履物の選択も悪かった…。(-o-;)

そして、今朝。

今朝はブーツタイプの愛用長靴にMyインソール(オーダー)を入れてNWしてみました。

昨日とは異なり、
意外や意外、グッド!でした (*^_^*)

長靴は靴底で足がぐずぐず微妙に動くので
長歩きや長時間の立ち仕事には良くないと言われていますが、

自分の足にフィットしたインソールを入れると
足裏が滑らずとても歩きやすかったです。

(お気に入り「アイスバグ」の出番は、気温が下がり、雪がしっかりしまってからの予定)

不安定な船の上で体を動かす漁師さんには
腰痛持ちの方が多いらしいのですが、

必需品の長靴にオーダーインソールを入れることで
腰痛の予防に役だっていると言う話を
整骨院の先生から伺ったことがあります。

男性用の長靴の場合はよくわかりませんが、
女性の方には断然、「ブーツタイプの長靴」がおススメです。↓
FullSizeRender_201511251255257ca.jpg

着脱がちょっと不便だけどかなりしっかりフィットします。

ただ、
欠点は、長時間歩くと足の裏が冷たくなってしまうことですが…。

そして
「歩き方」 
あくまで私の場合です。

自分の歩容の欠点がわかっているので、
今年のシーズンは始めから「1つのことだけ」を
気にかけて歩くことにしました。

お試し中です  o(^-^)o

雪や気温の状態にもよりますが

もし、安定して自分の歩き(ノルディックウォーキング)ができるようになれば、
お伝えしたいなぁと思います。

ノルディックウォーキングのポールは魔法の杖ではないので
どんなよい靴を履いていても
「よそ見をしたとき」=「集中が途切れるとき」が一番危険です。

なんだか車の運転と同じですね(笑)
IMG_4774.jpg
写真は今日の富良野六花亭
今月いっぱいで冬季休業します。
左の端に小さく見える山々は大雪連峰、右は十勝岳連峰です。
すっかり白くなりました。
※画像をクリックすると拡大されます


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

INWA(いんわ)国際ノルディックウォーキング連盟、キーワードは「ナチュラル」!

ノルディックウォーキング INWA 国際ノルディックウォーキング連盟 JNFA 日本ノルディックフィットネス協会 北海道ノルディックウォーキングネットワーク

IMG_4154.jpg

ノルディックウォーキングのフィットネスレベルの歩き方。

「前傾」という言葉が独り歩きしている感がありますが、

INWA(いんわ) 国際ノルディックウォーキング連盟が推奨するノルディックウォーキングのキーワードは

あくまで「ナチュラル!」

【無理なく無駄なく美しく】…です!

(そうありたいなぁ~といつも願う…アタクシです(笑))


ヘルスレベルから
歩幅を広げ
スピードを上げて
運動強度を上げていく…

その結果

当然カラダは少し前に傾くかもしれません。

股関節周りの筋肉が柔軟だと
それほど前に傾かずに歩幅を広げてダイナミックに歩ける人も
中にはいらっしゃることでしょう。

そのような歩きを目指して
ストレッチングや「おばさん筋トレ」、ストレッチポールトレーニングを怠らないように
毎日鋭意努力中 のオイラです (*^_^*)


ノルディックウォーキング愛好者の皆様、

少しでもNWテクニックのステップアップを目指しておられる皆様

ストレッチングはとても大事だと思います。

「コツは骨盤を立てる」て行うことです  ^-^)ノ


テクニックの習得は根気が入りますよね!?

でも「そうありたい!」とイメージし、願うことからすべてが始まると信じています。

IMG_4151.jpg

今日の富良野はゲリラのような雨、風&雷 ・・・
秋はとても変わりやすい気まぐれお天気の北海道です。

FBで好評だったので六花亭から見えた二重の虹の画像をアップしました。

指導者資格を取りたい、自身のスキルをアップしたいと考えている方

国際ノルディックウォーキング連盟
INWA の日本代表支部である
JNFA(じぇんふぁ) 日本ノルディックフィットネス協会のホームページを検索してご覧ください。
ちなみに
私は、JNFA傘下の
北海道ノルディックウォーキングネットワーク  (NPO法人)で活動しています。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

一度インプットされた動作の情報は修正が難しい…

ノルディックウォーキング 水泳 姿勢 O脚

IMG_3866.jpgIMG_3867.jpg


理想とする身体動作を習得するために
動きを「修正」するって本当に難しいですね!?

子どもたちの水泳指導に当たって30数年になりますが
基本をきちんと習得させたつもりでも
その子の抱える身体的事情が顔をだし
「癖」が出てきて
修正するのに苦労します。
IMG_4174.jpg


身体的事情は、すなわち「個性」とも言い換えられますが…

個性を生かしつつ、認めつつ、少しでも良い方向に「上書き」していきたい。

悩みが尽きません。

我が身を振り返ってもしかり…(苦笑)

姿勢」、運動時のカラダの動かし方…etc.

長年酷使してきた動きの癖は
一朝一夕にすんなり治りません。

But,新たなる発見も多々あり
日々、楽しく鋭意努力中です。

ふ、ふ、ふ、、、
O脚が少し治ってきました(*^m^*)
もう少し確信が持てるようになったらどうやってなおしたか
お知らせしたいと思います。 ^-^)ノ

骨盤が要です。

かっこよくノルディックウォーキングしたいなぁ~~ (*^_^*)

痛みを感じないでサクサク切れの良い動きができるカラダづくりが理想です。


毎日少しでも自分のカラダと向き合う時間は必要ですよね!

皆様はどう思われますか?

富良野は実りの秋を向かえています。↓

IMG_4188.jpg


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

振り子式特急スーパーおおぞらの車中にて

ノルディックウォーキング 骨盤底筋体操 振り子式特急スーパーおおぞら

450px-JR_Hokkaido_Kiha_283_series_002.jpg

ガタガタと揺れる特急の中。

明日開催される骨盤底筋体操講座と
ノルディックウォーキング講習会のお仕事で
釧路経由で中標津町に向かっています。

富良野から約330㎞の大移動。
北海道は広いです。(-o-;)

まずは振り子式特急スーパーおおぞらで新得経由で釧路へ。

スーパーおおぞらは、
2011年に石勝線トマムのトンネル内で火災脱線の大事故が起こるまでは
時速130㎞/hで札幌と釧路間を4時間弱で6便も走っていましたが
その後も次々と車両故障のトラブルが続き、
Jr北海道の抱えている深刻な問題が露呈。

広い北海道をとにかく早く移動できるようにと、
がんばって人間さまを運んでくれてたのです。

「振り子式列車」はカーブをスピードを落とさず高速で走れる車両だそうな。

でも、揺れるのですわ。

数年前、初めて乗った時、あまりの揺れのひどさに
車内販売のコーヒー(おいしかった!)のカップに口をつけられなかった(苦笑)

思わず車掌さんに尋ねてしまった。
「Whyこんなに揺れるのでしょう?」
「大丈夫なのですか?こんなにスピード出して!」
「こわいです」 と、その直後にトマムの事故!

部品も劣化して落下するのも無理もない(-o-;) 

広大な北海道。
道民のために鉄路を確保し安全を維持するのは至難の業。
人口密度の高い、利潤を出せる都会の路線とは事情が異なります。

がんばれJr北海道!!
行政も、ね!

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

第8回ノルディックウォーキング北海道フォーラムin千歳 終わりました!

ノルディックウォーキング ノルディックウォーキング北海道フォーラム

IMG_2899 のコラージュ (2) (400x286)
7月11日と12日 千歳市にて開催された
第8回ノルディックウォーキング北海道フォーラム、盛会のうちに無事終了しました。m(_ _)m

一年に一度、
全道各地で活動しているノルディックウォーキング指導者や
愛好家が集うこのフォーラム。

「歩いておしまい!」というイベントが多いのですが
それではあまりにもったいない!

なぜなら、北海道は広く、移動に時間も経費もかかり
「皆が一同に集まって顔をそろえる」ことがなかなか困難なのです。

でも、せめて年に一度は

「どうしてる?」
「元気だった?」
「NW楽しんでいる?」と

仲間と顏を合わせて、飲んで食べて ^-^)ノ 語らいたい!
新しい仲間も増やしたい…

てなわけで、2008年の美瑛町白金温泉で始めたこのNW北海道フォーラムは
今年で8回目を迎えた次第です。

今回の講演会のテーマは
昨年に引き続き「足元の健康」
IMG_2899.jpgFullSizeRender_20150713115453c5e.jpg

NW指導者でもあるノルネットの仲間のシューフィッターの講演。
受講者の足をライトで当てて照らし
ビデオのカメラで撮影しながらスクリーンに大写しをしての解説。
具体的で、会場の席からもよく見えて、とても好評でした。

ついついおろそかになりがちな足のお手入れ、フットケアについてのお話と最後は
私角幡の、「ノルディックウォーキングで血糖値を下げよう!」 

間も無く3人に1人は罹患するのも時間の問題と言われている「糖尿病」予防の話など…

翌12日日曜日は朝から久しぶりの真夏日。
会場の青葉公園を舞台に
NW大会、NWリレー、NWダンス、そして
最後にNWポールが当るお楽しみ抽選会も!


NWのイベント時には
どうしても指導者は自動的に(笑)指導者モードになってしまい
なかなか自分自身が楽しむことができませんよね。
せっかく遠くから参加したのに…

そこで、

今回は本番前の前日の午後と、当日の早朝に「下見会」を実施。

コースの下見,確認を兼ねて
ワイワイと皆で準備しつつおしゃべりして楽しく歩きました。

私たちノルディックウォーキング仲間は
IMG_2882.jpg
はFaceBookで普段つながっているので
会っていなくても違和感が全くなく、すぐ打ち解けて話ができます。

FB恐るべしです…(笑) よくも悪くも…

IMG_2926_201507131215492c0.jpg
IMG_3024.jpg

 
皆様、お疲れ様でした!
参加してくださって、ありがとう!!

また、来年、ねっ!!

【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif