FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住むおばちゃん健康運動指導士で、プチ糖質セイゲニストのプログ。病気の予防には、「運動」と「食事」が良薬と信じてひたすら実践中。ノルディックウォーキング愛好者で指導者。富良野や北海道の景色に癒されながらの暮らしの中で感じたことなどを徒然なるままに気が向いたら綴っています。

オンネトー、野中温泉別館 その2

野中温泉別館 オンネトー

2012063005570000.jpg

いい湯だな♪
朝5時半に起きて、朝湯。


【星がきれいね
 星がきれいね
 わたしの胸に 
 星座を入れて おみやげに】

 高田敏子


湯船に行く廊下に掲示してありました。

2012063005560000.jpg

(野中温泉の発見は大正2年)

野中温泉別館は実にシンプルな旅館です。

セルフサービスが基本だし
なにも余計なものはない。

でも、トイレも浴室も寝具の気持がよいくらい清潔でした。


さて、阿寒湖のそばを通って間もなく釧路へ向けて出発です。

釧路では、HNFWA初のノルディックウォーキング体験会。

仲間が待っています。 ^-^)ノ



★9月8日、9日【北海道ノルディックウォーキングフェスティバル】
《第5回ノルディックウォーキング北海道フォーラムin野幌》
9/8江別市民会館 講演会と「私の冬道歩きファッションショー」
9/9ノルディックウォーキング大会 道立野幌森林公園
宿泊 しんしのつ温泉 たっぷの湯 (先着順に斡旋 数に限りがあります)

0624NW_A2_20120629224351.jpg


詳細は北海道ノルディック・フィットネス・ウォーキング協会ホームページ


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
スポンサーサイト



オンネトー野中温泉別館

オンネトー 野中温泉別館

IMG_3004_20120629214505.jpg

13年ぶりのオンネトー
足寄町と釧路の境目にある阿寒国立公園内にある神秘の湖。

向かって右側が活火山、雌阿寒岳1499m、左が阿寒富士1476m
阿寒湖より遥かに人の手が入っていない自然の湖。

野中温泉別館に泊っています。

今日は暑かった!

津別町へ。
網走管内の教育委員会の職員の皆さんの研修会。

楽しくやらせていただきました。 m(_ _)m

オンネトーに近づくと硫黄の匂いが車の中にも漂ってくる…。

温泉はエメラルド色の甘くて苦いお湯でした。

カランもなにもないシンプルな「温泉」を堪能中、
浴室で一緒になった某大の女子学生の洗髪の仕方にび~っくり!!

広くもない浴室の、浴槽の中にいたので見たくはないけれど目に入る。

首を垂直に立てたまま
桶を両手でまっすぐに掲げて
真上からジャージャーとお湯をかける。
周りは全くお構いなし!(苦笑)

シャワーを頭の真上からかけ流すような調子で。
首をまげて頭を垂れることは一切しない。

体もすっ立ったまま上からお湯をジャージャーかけまくる。

う~~ん、
思わず見とれて 見続けてしまった アタクシ。

湯船にも飛んでくるんだよな(苦笑)

共同浴場のマナーを学ばないで大人になってしまった?
思わず、おばさんは声をかけてしまった。
「あ、あなた、銭湯って入ったことない?」

怪訝な彼女「?」

「ここはね、みんなが入るお風呂だから、もう少し
周囲を気遣わねば、ね。
頭洗うときはうつむいて洗ってね」

…もしかしたら外国人だった??
日本人ならそんな洗髪の仕方はしないなぁ。(ΘoΘ;)


★9月8日、9日【北海道ノルディックウォーキングフェスティバル】
《第5回ノルディックウォーキング北海道フォーラムin野幌》
9/8江別市民会館 講演会と「私の冬道歩きファッションショー」
9/9ノルディックウォーキング大会 道立野幌森林公園
宿泊 しんしのつ温泉 たっぷの湯 (先着順に斡旋 数に限りがあります)

0624NW_A2_20120629224351.jpg


詳細は北海道ノルディック・フィットネス・ウォーキング協会ホームページ


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

苫前温泉ふわっと

ノルディックウォーキング 天売焼尻

F1003051_20110926085721.jpg
羽幌町でのノルディックウォーキング体験会。

目覚まし君に何度も起こされて5時半出発。

途中、留萌で高速下りたところで少し寝るも、到着は9時15分過ぎてしまった。
帰路も10分走ると眠気が襲ってくる。

停まっては眠りを繰り返し…なんとか家に無事辿り着いた次第(苦笑)
車での移動は「眠気」との戦いだ


画像は羽幌の留萌寄り7㌔手前にある苫前町の温泉「ふわっと」

2011年に温泉を掘り当て施設ができたという。
海岸辺りにある自噴の「強塩泉」

お湯がしょっぱ~~い! ^-^)ノ
地元のおばあちゃんたちに聞くと
「ここのお湯はよくあったまる、いい湯なんだよォ」
「送迎してくれるから二日に一回の割で通って来ているの」と口々に…。

男女日替わりで日本海、遠くは天売焼尻の島々が臨める露天風呂に入れる。
残念ながら今日の女湯の露天ぶろは内庭の方だった。


今日は早く寝るぞ!
おやすみなさいまっせ。

F1003055_20110926085730.jpg


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

再開した秘湯【オソウシ温泉】

オソウシ温泉 ノルディックウォーキング

5時起きで十勝の上士幌町へ。ノルディックウォーキング体験会。
昨年は猛烈な暑さで、体育館から出られなかったが、今年は暑くも寒くもなく程よいお天気で無事終了。
帰り道、トムラウシ温泉の手前にある【オソウシ温泉】へ。

F1002527.jpg

閉鎖と聞いてがっかりしていたが、昨年経営者が代わり再開したとの情報。
行くぞ!
上士幌で聞いたら、あの辺りはクマが出るし、多分やってないはずだよォ~ と心もとない情報。
クマ?出るなら出ろ(笑)
うっそうとした木々の連なる未舗装道路を7キロほど走り、ようやく着いたら車いっぱい並んでる(*^_^*)。

F1002519.jpg

強アルカリ泉。PH10!!ぬるめだが加温している。
足を踏み入れるなり浴室のタイルはぬるぬる。慎重に歩いて露天へ。
ふんわりまとわりつく湯の感触。
♪~いい湯だな♨

上の露天風呂の画像の左の塔のようなものからは
源泉が湧きでている。
温度は25~6℃と低く、スノコの奥は低温の源泉露天風呂あり、混浴、ね。
遠慮しました…もちろん(笑) 手前の露天風呂で十分。

内湯の中に一人しか入れない家庭用バスタブあり。
源泉風呂になっている↓…冷たい(苦笑)
F1002529_20110612224925.jpg

よく来るという女性曰く
汗でるくらいしっかり温まってから、この源泉に入るとよい、とアドバイス。

ふむ、なかなか具合良い(笑)

旭川からの人、滝川の人と温泉談義のあとは、
帯広から足げく通っている人と大雪、十勝、帯広の温泉銭湯、足寄、雌阿寒岳近辺の情報交換(*^_^*)
彼女は、
「この近辺ではオソウシ温泉のお湯が№1だと思う」と言う。
うなずく私。 ^-^)ノ

旭川の女性
「混浴の露天に入るときはね、大きい声で
『今からおばさん、はいりまぁすぅ~~!』と声かけるのよ」
「そしたら、たいがい、顔をそむけるか、こそこそと上がって出て行っちゃうの」一同爆笑。

見ず知らずの人なのに温泉で交わすお湯談義は旧知の間柄のよう。

※画像はクリックで拡大できます。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
【お知らせ】
ill_lavender07.gif
7月10日(日)のらりっくで富良野を歩こう!ノルディックウォーキング大会参加者募集中
ふらのワイン工場~ラベンダー畑~六花亭~ぶどう畑~ふらのぶどう果汁工場~吉井
8?、4?、1,5?のコース 体力に合わせてどうぞ!希望者にはポールの貸し出し、講習もあり 
参加料1000円 
参加特典:ふらのぶどう果汁ソフトクリーム券、ハイランドふらの(冷鉱泉)入浴半額券
特製缶バッヂ、明治ヴァーム お楽しみ抽選会実施
詳細は北海道ノルディック・フィットネス・ウォーキング協会のホームページ。
要項ダウンロードできます
申し込み:ふらの観光協会0167-22-5777

本物の温泉、遠軽・瀬戸瀬温泉

瀬戸瀬温泉 本物の温泉 体験講習会 ノルディックウォーキング

F1001390.jpg

昨日の遠軽町で開催されたノルディックウォーキング体験講習会
早めに到着し、瀬戸瀬温泉に大急ぎで入ってきました。
遠軽や生田原方面に来た時は必ず寄ることにしている温泉です。

露天風呂もなく、気のきいたものは何もないそっけない温泉だけど
お湯は素晴らしい、正真正銘の【本物の温泉】です。

↓証明書
F1001388.jpg
加温・加水・循環・消毒 4項目について該当しない…と
保健所のお墨付き(笑)

この浴槽の真下から温泉が湧き出ているそうです。

無色透明だけど、ポッカポカに温まります。(*^_^*)

追記;
拍手コメントをお寄せくださった皆さまへ

いつも有難うございます。
拍手コメントを下さいました方へ
拍手コメントは公開しておりませんのでご了承くださいませ。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

虎杖浜温泉

虎杖浜

IMG_1522.jpg


登別より戻りました。

日が暮れてしまい、
夜道の長時間の運転は目が疲れるので…眠くなったし…
安全を期して、途中の
虎杖浜の温泉ホテルに素泊まりすることに…。


今朝帰宅しました。


早朝でおまけにガスがかかっていて画像には映っていませんが、
海が見えます。

なかなか素敵な露天風呂でした。(*^_^*)

部屋は…
残念ながら海岸に面しておらず風の通りが悪く
ぐっしょり汗まみれになってしまいました(苦笑)
京都の、寝苦しい夏を思い出しました。


追 8/27
拍手コメントを下さいました「みらりん」さまへ
当たり!(笑) 温泉宿は「いづみ」 です。
お肌スベスベです。いいお湯ですよね(*^_^*)


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

上富良野フラヌイ温泉

ノルディックウォーキング北海道フォーラム 炭酸の温泉

F1001217.jpg

上富良野の町の中にあるフラヌイ温泉。

来月開催されるノルディックウォーキング北海道フォーラムの案件で訪ねた際
ついでに、暑かったし、温泉に入ってきました。


噂には聞いていたけど、
31℃のぬる~~い、炭酸のお湯。
もちろん源泉からの本物の温泉。(*^_^*)

ぶくぶくと泡がわき出ている。

ちょっと肌寒いかな?と思って浸かってみたが
意外や意外、そんなに寒くない。
水温が低いので、いくらでも浸かっていられる(苦笑)

で、炭酸の温泉から上がると、じわ~っと全身が
ベールに包まれたような不思議な感覚。

ちょっとイケマス、この温泉!

日帰り入浴は6時からやっています。
おしまいは午後10時

夜が早いですが、その分朝が早く
早朝から地元の人で結構にぎわっていますよ。
本物の温泉好きの方、是非お立ち寄りください!



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

アトピーに効く!豊富温泉

豊富温泉 アトピー ノルディックウォーキング アクティビティリーダー養成講習会 アトピーに効く

昨日は朝から留萌へ。

留萌振興局と留萌市共催の【ノルディックウォーキング体験講習会】。
講義と実技であっという間の3時間!


まっすぐ日本海側を北上3時間余りで豊富温泉へ…

今日は稚内振興局(稚内保健所)さんの後援で
朝からノルディックウォーキングのINWA公認アクティビティリーダー養成講習会
(指導者の養成講座です)。


夕方稚内を出て、美深で8時を回ってしまったの
無理せず今宵は美深泊まり。

で、メールチェックとブログの更新中。

F1001117.jpg

本日の話題は「アトピー豊富温泉

初山別のPTのHさんに勧められ川島旅館を予約。

迎え出た宿のご主人曰く
「うちはごらんのとおりの建物はぼろいけど

温泉だけはいいんだよ!」と…。

確かに…(笑)…
でも温泉が良ければ最高!のアタクシです。(*^_^*)


遅い夕食を食堂でとったが
何やらひなびた温泉宿にはふさわしくない若い男女のグループ(…のように見受けられた…)
が、にこやかに談笑している。

大学のサークルだろうか??
でもまだ夏休みにしては早いよなぁ…といぶかりつつ
食事をしながら観察を続けていると


笑いながらも皆、ぼりぼりと掻いている。
無意識に手が背中や首筋あたりにいっている…。
アトピーで湯治中なのね…。

以前道新で豊富温泉の泉質がアトピーに効くという記事を読んでいたので納得。


浴室にいた女性に話しかけてみた…「アトピーなのですか?」
(彼女は見た目はアトピーの痕跡はまったくない)

「はい、それはひどくてひどくて、薬も全く効かなくなり、もうどうしようもなく
噂をつてにここに来たら、こんなにきれいになりました!」と

「行ったり来たりが面倒なのでここに住みついちゃいました!(*^_^*)」と。

アトピーの湯治客にアドバイスをするコンシェルジュになって働いているという。
ちなみに仲間のコンシェルジュたちは全員が、もと重症のアトピー患者だそうだ。

※若い人が多いですね…  かく言ううちの子どももアトピー、アレルギー体質…

豊富温泉は大正15年石油を掘り当てた時に天然ガスと一緒に温泉が湧き出した。

F1001122.jpg

温泉のお湯をよく見ると、確かにちょっと油っぽい…。

この油成分が、効く人には効くらしい。
少なくとも彼女には劇的に効果があったらしい(一か月間湯治をした)

アトピーは本当に辛い!
痒さだけはどうにもならないほど辛い…と彼女も言っていた。
(アトピーでなくとも虫に刺された痒さだって我慢ならないもの…。)

皮膚は傷つき、周りの視線も気になる…仕事も手につかず、眠れずストレスがたまりっぱなし…
あちこちの温泉に行き、薬も試したがどうしようもなかった…

そんなときにここ、豊富温泉の川島旅館に来たら、私には合っていたのか、こんなに普通になったんです…と。

で、今でも、毎日の川島温泉での入浴が欠かせないのだ、という。


上がった時は少し油っぽいかな?と思ったけれど
朝起きたら実に爽やかだった。(*^_^*)

疥癬にもとても効果がある…とご主人は言っておりました。
「アトピーの会」というのも組織していて、年に数回、医師も交えて
集まる催しを開いているという…


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

秘湯【鹿の谷】の巻

舘浦あざらし 秘湯 鹿の谷 いい旅研究室 富良野健康生活

やっと見つけた秘湯鹿の谷

舘浦あざらしさんの本で知って、いつか必ず…と思っていた
鹿の谷】に入ってきました。
あざらしさんは「自分で探せ!」と言っていたのです(笑)

鹿の谷混浴湯
着替えるところは男女別なのに、
がらりと扉を開けたら、
「んッ!?」混浴だ!

じいちゃんとお兄さんが浸かっている。

うゎ~どうしよう…もうお金払っちゃったし…しばしためらう、間もなく六十路(苦笑)。

「ええぃッ、いいゃッ、入っちゃえッ」てなわけで
大判バスタオルに身を包み、
湯槽の近くに洗面器を引き寄せてそこへタオルを置き
まずは一番手前の浴槽、ナトリウム泉へ。

「熱い!」でも上がれない(笑)

隣の鉄鉱泉に浸かっているじいちゃんに聞いたら
「こっちはぬるいよ~~ぉ」と。
で、移動。
しばしよもやま話を。

その隣はカルシウム泉。お兄さんが足をつけている。
手を伸ばしてつけると「あっつゥ!」

こりゃだめだ!

「昨日はカルシウムの方はとてもぬるくていい塩梅だったんだよぉ~~」
と常連のじいちゃん。

天然の温泉はその時々に湯温が変動する。生きているから…

硫黄泉はどこ??
何も書いていないからわからない(苦笑)

4種類のお湯が楽しめるのだ。

バスタオルを巻いて、次は露天風呂へ

鹿の谷露天 

一人おじさんがいる。
まっいいかぁ…

衝立のあっちとこっちだ。
 F1001059.jpg
その方も実は舘浦あざらしさんの愛読者。
とても詳しくいろいろなところをご存じで、楽しくおしゃべり。
穴場をいろいろ教えてもらいました。ラッキー!


さて、帰ろうと脱衣場で着替えを始めたら
いきなり横の壁(扉だった)が開いてご婦人が上がってきた。

「んっ?!」なんだ、内湯あったのかぁ~~!
何も書いていないから全然気がつかなかったじゃないの。(苦笑)

で、そちらにももちろん入りました。
のんびりゆ~っくり、ね(。≖ฺ‿ฺ≖ฺ)
鹿の谷女内湯

温泉は大地の恵みです。(笑)

※画像はクリックで拡大できます

今、舘浦あざらしさんの「いい旅研究室 №11」で確認したら
鹿の谷の所在地が書いたありましたので
どこにあるのか書きますね。(笑)

上士幌町の幌加。十勝三股の手前です。

宿泊は素泊まりのみ、食料は持ち込んで自炊だそうですよ。



富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

上士幌、ぬかびら温泉【中村屋】

糠平温泉 ぬかびら源泉郷 ノルディックウォーキング体験講習会 上士幌町 中村屋

東大雪、上士幌町糠平温泉中村屋にて…。
先ほど温泉からあがったところです。
IMG_0637.jpg
そんなに長い時間浸かっていなのに、汗だく(苦笑)。
からだの芯から温まった感じ。

露天ぶろは混浴が原則だが、夜8時半から10時までは女性専用となる。
もちろん、入りましたよっ!
気持ちのよい星空が頭上で広がり、北斗七星がきらきら輝いていた。


前々から一度は来たかった糠平温泉
正式には【ぬかびら源泉郷】と呼んでいる。
糠平の全旅館が一丸となって「源泉かけ流し」宣言。
源泉からそのまま良質な状態でお湯が注がれていることを証明。

好きな施設の温泉を利用できるスタンプラリーもやっている。

残念ながら今回は時間がない。
明日は朝から上士幌町で、ノルディックウォーキング体験講習会

富良野を夕刻4時過ぎに出て、3時間ちょっと。
信号はほとんどないに等しい道路なので、走りっぱなし…。

十勝平野は広い…を実感しながらひたすら大雪連峰の東側を北上。
層雲峡に近いかも…。
北海道は広い!!

F1001046.jpg
遅くチェックインしたので、私が最後の夕食客。
中村屋はのらりっく・ウォーキング研究会仲間、上士幌町の鍼灸整骨院T先生のご推薦。

確かに建物は古い(富士見観光ホテルと過去には言っていたらしい)が
レトロな雰囲気を売りに、
清潔さと、あちこちに気配りのきいたもてなしを心がけている温泉旅館のようだ。
F1001042.jpg
夕食も山菜や鹿、地場産の食材を使用し、デザートやお茶(韃靼そば茶)なども
地元ならではのものを出している。
たんぽぽや雑草?ぶどうの葉っぱのてんぷらも出てきた(笑)。

蕨とコゴミのピクルスは絶品だった。
実にしゃきっと歯ごたえをしっかり残していて
尚かつ、程よいピクルスの酸味が効いている。
↑オードブル皿の中央 

※画像はクリックで拡大できます

片付けねばならない仕事も持ってきたが
ちょっと疲れました…。
明日は出発の前にひと風呂あびませう!



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif