FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住むおばちゃん健康運動指導士で、プチ糖質セイゲニストのプログ。病気の予防には、「運動」と「食事」が良薬と信じてひたすら実践中。ノルディックウォーキング愛好者で指導者。富良野や北海道の景色に癒されながらの暮らしの中で感じたことなどを徒然なるままに気が向いたら綴っています。

絵本

センダック こどものとも 年少版こどものとも 福音館書店 ぐりとぐら

2012052923150000.jpg

昨日久しぶりに娘とスカイプ。
しばらく見ない間に子供は少し大きくなっていた(*^_^*)

絵本を送って欲しいと言う。

30年近く大事にとっておいた絵本がまた日の目を見る時が来た。

生まれた直後から取っていたのが
福音館書店の「こどものとも」「こどものとも年少版」に、「かがくのとも」
ぐりとぐらにノンタンシリーズ、先日お亡くなったMセンダック

あ~懐かしい!

出会ったたくさんの素晴らしい絵本が
子育てに豊かな時間と輝きと潤いと喜びを与えてくれたとしみじみ思う。

主役の子どもはあっという間に大きくなって巣立って行ってしまったけれど
脇役だった親はいつでも子育て中のあの時この時にタイムスリップできる。

親は(子供が)いくつになっても親たる所以です。


先日友人宅で見せてもらったアイパッドの中の芸術作品画像集。

子どもたちが残していったたくさんの絵や習字や工作の類。
捨てるに捨てられず、丁寧に撮影して
アイパッドに取り込み、ようやく処分したという。

「悪いけど、捨ててもよい?ちゃんと画像として撮り込んで残したから」と
子どもたちに電話をして尋ねたら

「えっ?!そんなものずっととっていたの?」と
あきれられたと笑っていた。


子育てとは、子どもに主役を譲って脇役にまわること。

うちの娘も今ではすっかり脇役に変身だ。 ^-^)ノ


すぐ送るから~。
でもあんまり一度に送るとさびしいから少しずつ、ね!新米ママさん!

スポンサーサイト