FC2ブログ

富良野健康生活

富良野に住む健康運動指導士で自称【プチ糖質セイゲニスト】あとみんの生活日記。徒然なるままに日々の雑感やノルディックウォーキング、仕事のことを書いています。

港町、オホーツク紋別港

ノルディックウォーキング

先日、オホーツク沿岸の紋別に仕事で行きました。
FullSizeRender_201510061234055f7.jpg

紋別は漁業の街。

早朝、独りノルディックウォーキングで港を散策中
桟橋はカモメの声に交じって車が行き交い、喧噪が漂っている…

??

初めて見る、サケ漁の水揚げ…中の様子…でした。

IMG_4330.jpg

IMG_4332.jpg
トラックに鮭を次々と、無造作にほおり込んでいる!
その量たるや…半端ではない!!
IMG_4336.jpg
「この鮭たちはどこへ行くのですか?」 と思わず質問。

「水産加工場へ運んで行くんだよ」と、ダンプの運転手さん。

??

鮭の腹を出して筋子を取り出したり
塩漬けにしたり加工をする、と。

漁業というと、船に乗る漁師さんのみをイメージしがちですが、
水揚げに関わる仕事をしている人がこんなにたくさんいるなんて

正直ちょっと驚きました。

流通に関わる人

加工する人

おこぼれにあずかるカモメやカラス君たちも含めると
相当な数の人や生き物たちが漁業にかかわっています。

こうやって私たちは海の恵みを頂くことができるのですね!?

「漁業は一大産業!」当たり前のことを改めて再確認しました。


ちなみに、
紋別市は富良野と同じくらいの人口ですが
札幌市都市部以外の道内の市町村はいずこも人口減に悩んでおり
紋別も同様のようです。

特に3Kといわれる「水産加工業」の人手不足が深刻で
外国人研修生に頼っているらしい・・・。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif




スポンサーサイト



洞爺湖ジオパーク

洞爺湖 ジオパーク 清水啓 ノルディックウォーキング

恥ずかしながら、
ジオパーク」の意味を知りませんでした。
洞爺湖ビジターセンター火山科学館を訪れるまで…

F1002830_20110804000309.jpg

↑人家のすぐそばで火山の大爆発(当時)

↓あまり高くない標高の普通の生活道路から見える有珠山西山火口(現在)
さながら【大地のため息】ですなぁ…)

F1002818_20110803222944.jpg

ジオパークとは
ジオgeo=地球、大地と、パーク=公園 をくっつけた造語。
科学的に貴重で、美しい地質遺産を複数含む「大地を楽しむ公園」・自然公園という意味。

手つかずの自然遺産をそのまま残そうとする「世界遺産」と似ていて非。
ジオパークはその遺産を人間の文化や歴史として保護して活用するという。

洞爺湖周辺は
人間の営みのすぐそばに火山があり海あり湖あり…世界的にも有数の変化に飛んだ珍しい火山地帯
「世界中の火山学者や地質ファンから注目されている場所」らしい。(火山科学館に書かれていました)

確かに、
洞爺湖周辺の地形は複雑でなおかつ美しく、オイラの大好きな温泉もありまする。(*^_^*)

このあたりに住む人たちは
火山の被害とうまく折り合いをつけて
火山からもたらされる恩恵を最大限に受け取る「火山との共生」の歴史を営んできた。

噴火物の火山灰は、おいしい果物や野菜など豊かな作物を育み、
海になだれ込んだ噴火物は海底を複雑な地形にし、さまざまな海の生き物が生息する。
そして大地のパワー 「温泉」をフルに活用しての経済活動。

なるほど、納得 ^-^)ノ
勉強になりました。

皆さんも洞爺湖に行かれたらぜひ火山科学館を訪れてみてください。
入館料無料です(笑)

ちなみに
日本で認定されたジオパークの中から
この洞爺湖と島原半島、鳥取砂丘を含む山陰海岸、糸魚川の四つが
世界ジオパークネットワークによる審査を受け
世界ジオパークとして認定されているそうです。


実は、前の晩に、清水啓先生と翌朝ノルディックウォーキングをする約束をしたものの
待ち合わせ場所を間違え、偶然ここに立ち寄ることができました。

間違わなければおそらくジオパークの言葉の意味も知らないでいたでしょう(苦笑)

清水先生に感謝!

洞爺湖の湖沿いには素敵な散策路が延々と続いていました。
キャンプをする人たちで大賑わい。

楽しくノルディックウォーキング出来ました!(*^_^*)

↓金曜日夕方はガラガラだったのに
土曜日湖岸には隙間もないくらいの数の「立派な」キャンプが張り巡らされていました(苦笑)
洞爺温泉街から見える湖の中島の反対側の姿

F1002815.jpg

※画像はリックで拡大できます


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

♪ノルディックウォーカーの皆さん
中富良野町で会いましょう!
9月10日11日 開催 
第4回ノルディックウォーキング北海道フォーラムin中富良野

洞爺湖にて

洞爺湖 ノルディックウォーキング 清水啓 洞爺湖温泉

F1002826.jpg

金曜日、七飯町での講演会を終え、一路、洞爺湖畔の洞爺温泉病院へ。
洞爺湖を見渡せる素晴らしい環境の病院!

軽い気持ちでポールのお届けに行ったつもりが
診療時間の終わった患者さんのいないリハビリ室で
PTやOTの皆さんのノルディックウォーキング体験会となった。

ノルディックウォーキングのポールは元気な人だけでなく
下肢の関節に障害のある方、リハビリ中の方、虚弱な方など
さまざまな人に活用できる可能性を秘めている。

医療の分野での理解が深まる事を願わずにはおられない。

先駆者である盟友(笑)、伊達日赤の整形外科医の清水啓先生のお誘いを受け
夜は伊達市内のレイラというフレンチ創作料理のお店へ。

F1002820.jpg
↑ご馳走様でしたm(_ _)m

ちなみに冒頭の画像は
翌朝洞爺湖温泉の露天風呂に浸かりながら撮った一枚。

曇り空の中にかすむ中島。
墨絵の世界・・・・。
いい湯だな♪

明日へ続きます

※画像はリックで拡大できます


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif♪ノルディックウォーカーの皆さん
中富良野町で会いましょう!
9月10日11日 開催 
第4回ノルディックウォーキング北海道フォーラムin中富良野

おばさん、「馬に乗る」の巻

ノルディックウォーキング 乗馬体験

馬に乗りました。ほんの短い時間ですが…。

一度は乗ってみたかった…。

F1002512.jpg

道産子のマック号と。

上士幌町でのノルディックウォーキング講習会の帰り道 トイレに寄った道の駅
⇒ F1002516.jpg

ん?何?馬がいる! 乗馬体験
安い! (*^_^*)  …町営だった…

馬を引いたおじさんに聞いたら ↑この建物の中で受け付けている、と

チャンス!
乗る。乗りたい。(笑)



わかったこと。
「馬は骨盤で乗る!」

内腿、内転筋も使う。

ものすごく揺れる。
慣れると
骨盤の動きに意識を集中さえすれば後はリラックスできることが分かった。

F1002511.jpg

「姿勢がとてもよいですが、いったい何をしている人ですか?」と
馬を引くお兄ちゃんに尋ねられた(笑)。

「ジョーバ」の人気の秘密が判明した次第。


※画像はクリックで拡大できます。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif
【お知らせ】
ill_lavender07.gif
7月10日(日)のらりっくで富良野を歩こう!ノルディックウォーキング大会参加者募集中
ふらのワイン工場~ラベンダー畑~六花亭~ぶどう畑~ふらのぶどう果汁工場~吉井
8?、4?、1,5?のコース 体力に合わせてどうぞ!希望者にはポールの貸し出し、講習もあり 
参加料1000円 
参加特典:ふらのぶどう果汁ソフトクリーム券、ハイランドふらの(冷鉱泉)入浴半額券
特製缶バッヂ、明治ヴァーム お楽しみ抽選会実施
詳細は北海道ノルディック・フィットネス・ウォーキング協会のホームページ。
要項ダウンロードできます
申し込み:ふらの観光協会0167-22-5777

登別第一滝本イン

登別温泉

F1002043.jpg

登別第一滝本インの内湯は、
登別温泉でもここだけの源泉からお湯を引いている。

ニセコの五色温泉に似ている。
花粉症やアトピーに効きそう。

ちなみに帰省中の娘は
白樺花粉症なのだが道外に出たら見事にスギ花粉症に…。

夏場と違ってそれほど今は皮膚が傷ついていないが
彼女は五色温泉のお湯が肌に非常に合うので
前から一度、登別滝本インの温泉に浸からせてやりたかった。

とても迷ったが予定を遂行。
二人で登別温泉へ。

伊達から日赤の清水先生が会いにいらしてくださり,
三人で久しぶりにゆっくり会食&情報交換。(*^_^*)



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif Twitter

ワイヤーで締める靴

阿部君の靴

この写真の靴は、紐がワイヤーになっています。
上部の丸いポッちをくるくるとまわしてねじると
ワイヤーが締る仕組みになっています。

登別ゲ―トウエイセンターにお勤めのA君は
とてもユーモアのセンスのある好青年。
片腕しかない障害をお持ちです。

偶然靴を履くところで一緒になり
ワイヤーの靴を初めて見て感心した次第です。

片手が不自由な方でも紐靴を履くことが可能であることを知りました。


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

登別温泉地獄谷散策コース

登別温泉 温泉

登別温泉の地獄谷散策コースの途中にある足湯。
流れているのは温泉
何という贅沢!

登別温泉足湯④⇒⇒登別温泉足湯③※クリックで
拡大できます

疲れた足をお湯に浸して至福のリラックスタイム。

登別温泉はとにかく湯量が豊富で、熱いのが特徴らしい。
「温度を確かめに行けるのは一度だけ。二度はありません。」
と、ガイド役を務める、登別ゲートウエイセンターのA君。
(笑)

登別温泉⑤

ナナカマドが色づき、秋が駆け足で近づいてきている。

登別を出発した午後3時の気温は15℃。
↓天気がよく、高速道路は気持ちの良いドライブができたけれど、暑くはなかった。

道央道樽前近く

ちなみに、登別と富良野間はスムーズに飛ばすと3時間!

北海道旅行を、とお考えの方へ、
あちこち欲張らず
富良野・美瑛と登別温泉、を結ぶラインをメインにする
2泊3日あたりの北海道旅行はいかがでしょうか? ^-^)ノ
登別から千歳空港まで1時間、富良野から旭川空港まで1時間 の距離です。

おススメですよ。(*^_^*)


【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

登別温泉に泊まりました

ノルディックウォーキング 登別温泉

登別市雇用創造推進協議会主催の
「地域資源講座」8月に続いて二回目のノルディックウォーキング体験講習会。
今回は、登別温泉の地獄谷などのコースを歩く実技編。

昨夜は、登別温泉の第一滝本館に泊まりました。
第一滝本館の熊木彫り

画像は大浴場にいた、ひぐま君。

温泉は種類が豊富で、堪能しました。
感想は、また改めて報告の予定。

間もなく講習会始まります。(^_-)
お天気もほどほどによく、楽しい会になりそうです!
ノルするぞ!

釧路 和商市場

和商市場

昨日の釧路出張で、
行きと帰りほんの少しだけ立ち寄った「和商市場」。

学生の頃、 大昔(笑)、北海道旅行中、
汽車の待ち時間にカニを試食しに立ち寄ったことがある…。

F1001084.jpg※泡ブクブク…生きているカニ

昼時は観光客の「勝手丼」で賑わっていた。
どんぶりに(素)ご飯を買い、
ネタを選んで乗っける。

F1001086.jpgF1001087.jpg

本日のブログは「和商市場の魚や」です(笑)

帰りに一夜干しのカレイを買いました。
さすがに生魚は…汽車だし…ちょっと、ね…。



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif

三国峠・大雪の樹海

三国峠 大雪山

気温あまり上がらず凌ぎやすいお天気でした。
今宵も先週、上士幌からちょっと遠回りして帰った、
大雪山連峰の東側、三国峠やその付近からの写真です。
↓広大な樹海の規模に圧倒されました…。おすそわけです(笑)
…おいらの存在などちっぽけなものですな
大雪の樹海※クリックで是非拡大してご覧ください!

↓山好きの人にはたまらない魅力があるらしい眺望
三国峠※クリックで拡大、どうぞ!

何気ないような写真ですが、よくぞまぁこんな森の海の中に道路を造ったものだと
感心するようなすごいところです。
高所恐怖症気味のアタクシは、カメラを手に車から降りただけで
足がすくみました(苦笑)
大きい地震でもあったらどうなるのだろう?とか…

↓立っている場所も写真の道のようにすごい立地の中に造った道路上です。
三国峠付近※クリックで拡大!



【富良野健康生活】を見つけたらクリックしてもどってきてくださいませね!
↓ もひとつ、ポチッとおねがいしま~す
br_decobanner_20100329004826.gif